オリゴ糖とビフィズス菌の関係

オリゴ糖が一躍有名になって注目され始めたのも、あくまでもオリゴ糖とビフィズス菌大きな関係を築いているからです。

例えば、ここに便秘の女の子がいるとします。3ヶ月前の涼子ちゃんでsすね^^涼子ちゃんは食生活と寝不足などの悪週間もあって、いつも便秘に困っていました。

そこで涼子ちゃんが便秘に効果的だという甘味料の話を聞きます。それが市販の天然オリゴ糖だったんです。

ここで、ポイントを抑えてオリゴ糖とビフィズス菌の関係を見て見ましょう。

コーヒーなどと一緒にオリゴ糖を摂取すると、まずオリゴ糖はほとんど吸収されずに腸に来ます。

オリゴ糖は腸の中でもほとんど体内に吸収さません
しかし、ここで登場するのがビフィズス菌なんです。

ビフィズス菌はオリゴ糖を栄養とし腸内まで来たオリゴ糖を食べてしまいます。
そうすると、オリゴ糖は活発に働き出し、腸内環境を整えてくれます。

ビフィズス菌は善玉腸内細菌ですので、便秘や下痢などに悩んでいる人はビフィズス菌がきちんと働いていなかったり、悪玉腸内細菌でる大腸菌やウェルシュ菌の活動が活発だったりするんです。

それをサプリメント代わりに直接オリゴ糖をビフィズス菌の栄養として摂取することで、お腹の調子を整える、と言うのがオリゴ糖とビフィズス菌の関係なんですね~

私が天然オリゴ糖を飲み始めてから1週間経たずにお腹の調子が良くなって、便も正常になって来はったんやわ^^それもこれもビフィズス菌のおかげなんやね。

<< 前のページ「オリゴ糖とは」へ次のページ「オリゴ糖の体への効果は?」へ >>



天然オリゴ糖をチェック

純度98%のオリゴ糖はお腹にも良い感じです^^
まだ知らない方は一度チェックしてみて下さ~い♪

天然オリゴ糖のサイトはこちら