オリゴ糖の体への効果は?

オリゴ糖の体への効果は腸内環境を整える以外にもたくさんあるんです^^

・便秘・下痢
・便の悪臭が良くなる
・免疫力UP
・コレステロール・胆汁酸の排出促進
・大腸ガン予防
・ミネラルの吸収の促進
・虫歯をしにくく
・アトピーの改善
・血糖値やインシュリンを上げない

が一般的な効果として知られています。

便秘や下痢の改善は、ビフィズス菌の働きの活性化で改善されますが、詳しくどういうふうな効果があるのか例を見てみましょう^^

コレステロール・胆汁酸の排出促進

オリゴ糖は食物繊維と同様の働きをする効果があります。
食物繊維と同じように、体内に吸収されないオリゴ糖は腸内に溜まった余分なコレステロールや胆汁酸を体外に排出する効果があるんです。

大腸ガン予防

悪玉腸内細菌は害のない胆汁酸を、発がん性のある物質に変えてしまう働きがあります。その悪玉腸内菌の運動を抑制するのがオリゴ糖ですので、大腸ガン予防にも繋がります。

アトピーの改善

オリゴ糖の開発をしている王子製紙がアレルギー症状の改善作用をオリゴ糖の動きに発見したようです。詳細は私にないので、説明できませんが、今はアトピー効果にも注目されています^^

オリゴ糖は腸内環境を整えるだけでなく、それによって色んな体に良い効果を出してくれるんやね~

<< 前のページ「ビフィズス菌の関係」へ次のページ「オリゴ糖のカロリー」へ >>



天然オリゴ糖をチェック

純度98%のオリゴ糖はお腹にも良い感じです^^
まだ知らない方は一度チェックしてみて下さ~い♪

天然オリゴ糖のサイトはこちら