オリゴ糖とは

そもそもオリゴ糖って何でしょうか?ここではオリゴ糖を簡単に学んでみましょう^^

まず、いきなり難しい話になっちゃいますが、オリゴ糖というのは単糖が複合したものの事を言います。

分子単位での判断で、これはオリゴ糖、これは砂糖、見たいに定義付けるわけですが、さらに分かりにくい事に、世界でのオリゴ糖の定義は国によって微妙に違う、ということもあります。


オリゴ糖(Oligosaccharide)とは、単糖類同士がグリコシド結合によって結合した化合物の中で、多糖類というほどは分子量が大きくないもののことを指す。

オリゴはギリシア語で少ないを意味する語であることから、少糖類(しょうとうるい)と呼ぶこともある。砂糖や麦芽糖などもオリゴ糖の仲間である。オリゴ糖の定義は世界共通ではなく、二糖類もオリゴ糖に含まれるが、実際には3量体以上の糖類が結合しているものをオリゴ糖と称することが多い。上限については幅があり、6から20量体以上の糖類が結合しているものが含まれる。

引用:Wikipedia - オリゴ糖


こんな学術的な説明だと分かりにくいですよね^^

簡単に言えば、オリゴ糖というのはつまり甘味料の一つで、砂糖の親戚。食べ物の中にオリゴ糖は含まれていて、その食べ物から作られるものを“天然オリゴ糖”と言います。

オリゴ糖には何種類もあるんですが、それも今から見て行きましょう^^

オリゴ糖ってなんだか分かりました?簡単に言うてしまえば、糖類の一つという事やね♪

<< 前のページ「オリゴ糖トップページ」へ次のページ「ビフィズス菌との関係」へ >>



天然オリゴ糖をチェック

純度98%のオリゴ糖はお腹にも良い感じです^^
まだ知らない方は一度チェックしてみて下さ~い♪

天然オリゴ糖のサイトはこちら